【シネマ】パリ・オペラ座バレエ シネマ フェスティバル


YEBISU GARDEN CINEMAでは、これまで世界最高峰のパリ・オペラ座によるバレエ公演を収録した映像作品パリ・オペラ座バレエ シネマ シリーズを上映してきました。施設の工事に伴い閉館していましたが、約1年半ぶりに11/8(火)に営業を再開します。そこで、YEBISU GARDEN CINEMAの再オープンを記念して、現在日本で劇場上映が可能なパリ・オペラ座バレエ シネマの作品を、すべて今冬から来春にかけて一挙上映していく【パリ・オペラ座バレエ シネマ フェスティバル】を開催いたします。第一弾の上映作品として『シンデレラ』を12/2(金)から上映するのを皮切りに、全8作品が上映予定です。日本に居ながらにして、身近な映画館からパリ・オペラ座の世界への旅をお楽しみください。

また、上映を記念して、12/3(土)には第一弾の上映作品『シンデレラ』の前にトークイベントが行われます。トークゲストにはバレエダンサー/俳優の宮尾俊太郎さんと舞踏評論家の森菜穂美さん。おふたりはパリ・オペラ座バレエ団の魅力や今回上映になる8作品の見どころ、そして『シンデレラ』の注目ポイントなどを語ってくれるそうです。

【開幕記念トークイベント詳細】

日時:12/3(土) 17:40〜
*『シンデレラ』本編上映は18:10〜 
場所:YEBISU GARDEN CINEMA
トークゲスト:宮尾俊太郎(バレエダンサー/俳優)、森菜穂美(舞踏評論家)
チケット:11/25(金)12:00から劇場HPにて販売

【上映作品と日程詳細】

12/2(金)〜 『シンデレラ』
12/9(金)〜 『白鳥の湖』
1/6(金)〜 『マノン』
1/13(金)〜 『夏の夜の夢』
3/24(金)〜 『眠れる森の美女』
3/31(金)〜 『バレエ・リュス』
4/7(金)〜  『プレイ』・『ジェローム・ロビンズ・トリビュート』 
※4/7からは2作品を交代で上映

鑑賞料:一般 ¥3,300、学生・障害者 ¥2,500
上映時間:毎週水曜日0時以降に、金曜日から木曜日までの1週間分のスケジュールが発表されます。

販売方法:鑑賞日の2日前より販売開始(オンラインチケットは0:00より、劇場窓口では劇場オープン時間より)時間より。

【各作品概要】

『シンデレラ』

Cendrillon de Rudolf Noureev à l’Opéra Bastille mettant en vedette Valentine Colasante et Karl Paquette

パリ・オペラ座での上演日:2018年 12月
場所:パリ・オペラ座 バスティーユ
上映時間:2時間30分
振付:ルドルフ・ヌレエフ
原振付: シャルル・ペロー
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
指揮者:ヴェロ・パーン
舞台美術:パトリカ・イオネスコ
衣装:森英恵
照明:グィード・レヴィ オーケストラ:コンセール・パドルー
芸術監督:オーレリ・デュポン
キャスト:シンデレラ/ヴァランティーヌ・コラサント(エトワール)
映画スター/カール・パケット(エトワール)
姉妹/ドロテ・ジルベール(エトワール)、リュドミラ・パリエロ(エトワール)
継母/オーレリアン・ウエット(スジェ)
プロデューサー/アレッシオ・カルボーネ(プルミエール・ダンスール)
その他、エトワール、プルミエール・ダンスール、パリ・オペラ座バレエ団員
見どころ:ルドルフ・ヌレエフは、セルゲイ・プロコフィエフの音楽にのせ、シャルル・ペローの有名な物語を映画のセットに置き換えることで、アメリカ映画スターとともにシンデレラをハリウッドのスポットライトの下へと導きました。仙女をプロデューサーに、王子様をスター俳優にしたこのヌレエフ版で、シンデレラは悲惨な運命から逃れ夢を実現していきます。黄金期ハリウッドへのオマージュ的な作品で、キングコングや、ジークフリート・フォリーズへのオマージュも登場します。本作で、パリ・オペラ座バレエ団は元芸術監督ルドルフ・ヌレエフに敬意を表しました。華やかな衣装デザインは森英恵が手がけました。日本でも人気の高いエトワール、カール・パケットの引退公演としても注目を浴び、意地悪姉妹にドロテ・ジルベール、リュドミラ・パリエロとエトワールを配し、コミカルな演技を見せてくれているのも楽しい作品です。

『白鳥の湖』
パリ・オペラ座での上演日:2016年 12月
場所:パリ・オペラ座 バスティーユ
上映時間:2時間33分
振付:ルドルフ・ヌレエフ (マウルス・プティパ、レイ・イワノフ版に基づく)
音楽:ピョートル・チャイコフスキー 
指揮者:ヴェロ・パーン 
衣装:フランカ・スカルシャピノ
舞台美術:エツィオ・フリジェリオ 
照明:ヴィニシオ・シェリ 
演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
芸術監督:オーレリ・デュポン 
映像監督:フランソワ・ルシヨン
キャスト:オデット&オディール/アマンディーヌ・アルビッソン(エトワール)
ジークフリート王子/マチュー・ガニオ(エトワール)
ロットバルト/フランソワ・アリュ(プルミエ・ダンスール※撮影当時、現在はエトワール)
王妃/ステファニー・ロンベール(プルミエール・ダンスール)
その他、エトワール、プルミエール・ダンスール、パリ・オペラ座バレエ団員
見どころ:古典の代表作『白鳥の湖』の初演は高い評価を得られませんでしたが、1895年にレフ・イワノフとともにマリウス・プティパはこの作品に新たな生命を吹き込むことに成功し、今ではどのバレエ団もレパートリーとして取り入れる人気演目となりました。チャイコフスキーによる初のバレエ曲は深いノスタルジーが溢れ、チャイコフスキー自身が抱く愛の概念を反映させた物語です。1984年にパリ・オペラ座バレエ団で演じられたルドルフ・ヌレエフ版では、「白鳥の湖」は家庭教師にふんした悪魔ロットバルトに操られたジークフリート王子が現実世界で抱える結婚という問題から逃げ込む夢の世界。ヌレエフ版は音楽との調和により悲劇的な結末を迎えながらも王子の深層心理を深く描き、より共感ができる作品となっています。日本でも大人気の貴公子マチュー・ガニオが王子、マーベル・コミックの「ソー」をイメージしたというフランソワ・アリュ(現エトワール)が演じる家庭教師/ロットバルトにも注目。
『マノン』

du 21 avril au 13 mai 2012

パリ・オペラ座での上演日:2015年 5月
場所:パリ・オペラ座 ガルニエ宮
上映時間:2時間11分
振付:ケネス・マクミラン 照明:ジョン・B・リード
音楽:ジュール・マスネ  指揮・編曲:マーティン・イェーツ
舞台美術・衣装:ニコラス・ジョージアディス  演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
芸術監督:バンジャマン・ミルピエ 映像監督:セドリック・クラピッシュ、ミゲル・オクターブ
キャスト:マノン・レスコー/オーレリ・デュポン
デ・グリュー/ロベルト・ボッレ
レスコー/ステファン・ビュリョン
レスコーの愛人/アリス・ルナヴァン
ムッシューG.M./バンジャマン・ペッシュ
看守/カール・パケット
その他、パリ・オペラ座バレエ団
見どころ:バレエファンならずとも、“オーレリ・デュポン”の名前は聞いたことがあるでしょう。バレエ史上最も多くの ファン に愛されたバレエダンサーの一人であり、長年年トップエトワールとして活躍してきたパリ・オペラ座で、芸術監督も務めた。2015年5月に行われた彼女の引退公演を収めた作品が本作です。
この引退公演「マノン」には、主役のオーレリ・デュポンだけでなく、ステファン・ビュリョン、アリス・ルナヴァン、バンジャマン・ペッシュ、カール・パケットなど豪華エトワールが参加しています。オーレリ・デュポン の相手役を務めたゲスト・ダンサーのロベルト・ボッレ(『ミルピエ 〜~パリ・オペラ座に挑んだ男〜~』と同時期公開 の『ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿』にも出演)はミラノ・スカラ座バレエ団エトワールであり当時アメリカン・バレエ・ シアターのプリンシパルだったスーパースターです。オーレリのためにトップダンサーが集結した引退公演は、ファンに大きな感動を与え、 オーレリ・デュポンにとってはダンサー人生の素晴らしい幕引きとなりました。収録にあたり監督を務めたのは、世界の映画祭でも高い評価を得てきた映画監督セドリック・クラピッシュ(『PARIS』『スパニッシュ・アパートメント』)。 クラピッシュによる繊細な映像は、生の公演の感動をそのままに、オーレリの細かな表情や仕草、そしてダイナミックな舞台上の動きを見見事にとらえています。

『夏の夜の夢』

Le Songe d’une nuit d’été
Entrée au répertoire
Musique Felix Mendelssohn-Bartholdy Chorégraphie George Balanchine
D’après William Shakespeare,
A Midsummer Night’s Dream
Décors Christian Lacroix Costumes Christian Lacroix Lumières Jennifer Tipton
Direction musicale Simon Hewett Chef des ChoeursJosé Luis Basso Soliste Pranvera Lehnert
Anne-Sophie Ducret
Les Étoiles, les Premiers Danseurs et le Corps de Ballet
Avec la participation des élèves de l’École de Danse
Orchestre et Chœurs de l’Opéra national de Paris
Costumes de Christian Lacroix, d’après les maquettes originales de Karinska.
Titania
Hannah O’Neill
Oberon
Fabien Revillion
Helena
Sae Eun Park
Hermia
Muriel Zusperreguy
Lisandre
Simon Valastro
Demetrius
Vincent Chaillet
Hyppolite
Alice Renavand
Puck
Antoine Kirscher
Thésée
Audric Bezard
Chevalier de Titania
Karl Paquette
Papillon
Alice Catonnet
Divertissement- soliste femme
Marion Barbeau
Divertissement- soliste homme
Florian Magnenet

パリ・オペラ座での上演日:2017年 3月
場所:パリ・オペラ座 バスティーユ
上映時間:1時間40分
振付:ジョージ・バランシン
音楽:フェリックス・メンデルスゾーン  指揮: サイモン・ヒューイット 演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
舞台美術・衣装:クリスチャン・ラクロワ  照明:ジェニファー・ティプトン
キャスト:タイターニア/エレオノラ・アバニャート
オベロン/ユーゴ・マルシャン
パック/エマニュエル・ティボー
ハーミア/レティシア・プジョル
ライサンダー/アレッシオ・カルボーネ
ヘレナ/ファニー・ゴルス
ディミトリウス/オドリック・ベザール
ヒッポリタ/アリス・ルナヴァン
テーセス/フロリアン・マニュネ
ボトム/フランチェスコ・ヴァンタッグロ
タイターニアの騎士/ステファン・ビュリヨン
パピヨン/ミュリエル・ズスペルギー
ディヴェルティスマン/パク・セウン、カール・パケット
その他、パリ・オペラ座バレエ団
見どころ:ジョージ・バランシンが手がけた中では珍しく物語性のあるバレエ作品の一つで、原作はシェイクスピアの有名な喜劇ですが、2幕はほとんど物語のないダンスとディヴェルティスマンで構成し、サンクトペテルブルグ帝室バレエを彷彿させる華麗なバレエの饗宴となっています。バランシンはメンデルスゾーンの作品を徹底的に調べ上げ、前奏曲と夜想曲、間奏曲、交響曲9番の抜粋も加えました。1962年にニューヨーク・シティ・バレエで初演され、2017年にパリ・オペラ座バレエ団のレパートリーに加わりました。本作のセットと衣装を手がけたのは舞台を魔法のように変幻させる才能に溢れたクリスチャン・ラクロワ!6人のエトワールを贅沢に配した豪華キャストにも注目。

『眠れる森の美女』

du 04-12-2013 au 04-01-2014

パリ・オペラ座での上演日:2013年12月16日
場所:パリ・オペラ座 バスティーユ
上映時間:2時間41分
振付:ルドルフ・ヌレエフ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー  
音楽監督:フェイサル・カルイ 指揮: フェイサル・カルイ
美術:エツィオ・フリジェリオ 衣装:フランカ・スカルチアピーノ  演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
芸術監督:ブリジット・ルフェーブル 
キャスト:
オーロラ姫/ミリアム・ウルド=ブラーム、
デジレ王子/マチアス・エイマン
カラボス/ステファニー・ロンベール
フロリナ姫/ヴァランティーヌ・コラサント
青い鳥/フランソワ・アリュ
その他、パリ・オペラ座バレエ団
見どころ:オーロラ姫の洗礼式に招かれなかった邪悪な妖精カラボスは激怒して、オーロラ姫に糸紡ぎで指を刺して死ぬという呪いをかけました。リラの精は、カラボスの呪いを和らげる贈り物を贈ります。それは、オーロラは死なないが深い眠りに落ち、王子のキスによって目覚めるというもの。成長したオーロラは老婆に変装したカラボスに渡された糸紡ぎで指を刺して100年の深い眠りに落ちてしまいます。100年後、狩りに出かけたデジレ王子は、オーロラ姫の幻影を見て魅了され、オーロラを助けるためカラボスと対峙することになります・・・。愛らしいミリアム・ウルド=ブラームは理想のオーロラ姫、マリアス・エイマンが踊る2幕の幻影のシーンにおける王子の超絶技巧のソロは絶品。目が眩むばかりの華麗なバレエの極美の世界に陶酔してください。

『バレエ・リュス』
パリ・オペラ座での上演日:2009年12月
場所:パリ・オペラ座 ガルニエ宮
上映時間:1時間48分
<以下の4演目から構成>
「ばらの精」
 振付:ミハイル・フォーキン
 音楽:カール・マリア・フォン・ウェーバー
 編曲:エクトル・ベルリオーズ
 美術:レオン・バクスト
 キャスト:ばらの精/マチアス・エイマン、少女/イザベル・シアラヴォラ
「牧神の午後」
 振付:ワツラフ・ニジンスキー
 音楽:クロード・ドビュッシー
 美術:レオン・バクスト
 キャスト:牧師/ニコラ・ル・リッシュ、ニンフ/エミリー・コゼット
「三角帽子」
 振付:レオニード・マシーン
 音楽:マヌエル・デ・ファリャ
 美術:パブロ・ピカソ
 キャスト:粉屋の女房/マリ・アニエス・ジロ、粉屋/ジョゼ・マルティネズ、コリヒドール/ファブリス・ブルジョア
「ペトルーシュカ」
 振付:ミハイル・フォーキン
 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
 美術:アレクサンドル・ブノワ
キャスト:ペトルローシュカ/バンジャマン・ペッシュ、バレリーナ/クレールマリ・オスタ、ムーア人/ヤン・ブリダール、魔術師/ステファン・ファヴォラン
見どころ:バレエ・リュスとは、1909年にロシア出身芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフが主宰したバレエ団。かつて、美術・ファッション・音楽とのコラボレーションにより新たなバレエの価値を生み出したバレエ団です。バレエダンサーだけでなく、20世紀を代表する作曲家や芸術家(ピカソ、マティス、コクトー、シャネル、ローランサン、ブラック)などを取り込み、バレエを超えて美術・ファッション・音楽の世界に革新をもたらし、その後のバレエに大きな影響を与えました。「ばらの精」ではかつてニジンスキーが演じてセンセーションを呼んだ役を、マチアス・エイマンがまるで重力がないように香り高く鮮やかに踊り、ピカソが美術をデザインした「三角帽子」では、このたびパリ・オペラ座バレエ団の芸術監督に就任するジョゼ・マルティネスの、スペイン出身ならではの情熱的なスパニッシュ・ダンスを観ることができます。
『プレイ』

Du mercredi 6 décembre 2017 au dimanche 31 décembre 2017

パリ・オペラ座での上演日:2017年12月18日、19日
場所:パリ・オペラ座 ガルニエ宮
上映時間:1時間52分
振付:アレクサンダー・エクマン
音楽:ミカエル・カールソン 
照明:トム・ヴィッサー
舞台美術:アレクサンダー・エクマン、グザヴィエ・ロンゼ  演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
芸術監督:オーレリ・デュポン 映像監督: トミー・パスカル
キャスト:ステファン・ビュリョン(エトワール)
ミュリエル・ズスペルギー(プルミエール・ダンスーズ)
ヴァンサン・シャイエ(プルミエ・ダンスール)
フランソワ・アリュ(プルミエ・ダンスール)
パリ・オペラ座バレエ団
カリスタ・”キャリー”・デイ(ゴスペル・シンガー)
アデライーデ・ファリエール(ドラムス)
見どころ:コンテンポラリー・ダンス界注目のスウェーデン出身の振付家アレクサンダー・エクマンとパリ・オペラ座バレエ団のダンサーたちが初めてコラボした『プレイ』は、”遊び”をテーマにした。本作はエクマンの壮大なイメージを具現化するためにパリ・オペラ座のガルニエ宮の舞台を、金属製の構造物、空間に浮遊するダンサー、高架などで埋め尽くし、ダンサーたちはその中でリズムとコミュニケーションのエネルギーを放出しながら踊り、観たことのないような不思議な世界を創り上げます。収録した2017年当時、芸術監督オーレリ・デュポンが「今シーズンで1つ見るなら『プレイ』」と一押しした作品です。
 https://youtu.be/YM8rqKutASg

『ジェローム・ロビンズ・トリビュート』
パリ・オペラ座での上演日: 2018年11月
場所:パリ・オペラ座 ガルニエ宮
上映時間:1時間54分
振付:ジェローム・ロビンズ
音楽:ワレリー・オブシャニコフ
演奏:パリ・オペラ座管弦楽団
芸術監督:オーレリ・デュポン
<以下の4演目から構成>
「ファンシー・フリー」(原題:Fancy Free)
音楽:レナード・バーンスタイン
振付:ジェローム・ロビンズ
装置:オリヴァー・スミス
衣裳:カーミット・ラヴ
照明:ジェニファー・ティプトン
出演:エレオノーラ・アバニャート/アリス・ルナヴァン/ステファン・ビュリオン
カール・パケット/フランソワ・アリュ/オーレリア・ベレ/アレクサンドル・カルニアト
「ダンス組曲」(原題:A Suite of Dances)
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ
振付:ジェローム・ロビンズ
衣裳:サント・ロカスト
照明:ジェニファー・ティプトン
チェロ:ソニア・ヴィーダー=アサートン
出演:マチアス・エイマン
「牧神の午後」(原題:Afternoon of a Faun)
音楽:クロード・ドビュッシー
振付:ジェローム・ロビンズ
装置:ジャン・ローゼンタール
衣裳:イレーヌ・シャラフ
照明:ジェニファー・ティプトン
出演:ニンフ:アマンディーヌ・アルビッソン(ニンフ役)/ユーゴ・マルシャン(牧神役)
「グラス・ピーシズ」(原題:Glass Pieces)
音楽:フィリップ・グラス
振付:ジェローム・ロビンズ
装置:ジェローム・ロビンズ/ ロナルド・ベイツ
衣裳:ベン・ベンソン
照明:ジェニファー・ティプトン
出演:セウン・パク/フロリアン・マニュネ
見どころ:ジェローム・ロビンズにとって、パリ・オペラ座バレエ団はニューヨーク・シティ・バレエ団に次ぐ第二の故郷でした。彼を記念してパリ・オペラ座で行われた公演では、彼のインスピレーションの源となった無限の多様性と、彼の稀有な才能が舞台上で発揮された作品が結集しました。モダンで大規模な「グラス・ピーシズ」のエネルギー、官能的な「牧神の午後」や躍動感に満ちた「ダンス組曲」の親密な甘さなど、音楽に身を委ねることができる秀逸な振付を堪能できます。映画「踊る大紐育」やミュージカル「オン・ザ・タウン」へと発展し、一時代を画した著名なバレエ作品『ファンシー・フリー』はロビンズの才能の新たな一面も見せてくれます。『ファンシー・フリー』ではカール・パケット、ステファン・ビュリヨン、フランソワ・アリュの人気男性ダンサーたちのコミカルな共演にも注目。
12/2〜
パリ・オペラ座バレエ シネマ フェスティバル

 演目  12/2(金)~12/8(木)『シンデレラ』
12/9(金)~12/15(木)『白鳥の湖』
2023/1/6(金)~2023/1/12(木)『マノン』
2023/1/13(金)~2023/1/19(木)『夏の夜の夢』
2023/3/24(金)~2023/3/30(木)『眠れる森の美女』
2023/3/31(金)~2023/4/6(木)『バレエ・リュス』
2023/4/7(金)~2023/4/13(木)『プレイ』『ジェローム・ロビンズ・トリビュート』
※ 4/7(金)からは上記2作品を交代で上映
 発売開始日  鑑賞日の2日前より販売開始(オンラインチケットは0:00より、劇場窓口では劇場オープン時間より)

 劇場 
 YEBISU GARDEN CINEMA 

 上映スケジュール  毎週水曜日0時以降に、金曜日から木曜日までの1週間分のスケジュールを発表
 チケット  一般 ¥3,300、学生 ¥2,500
 詳細情報  YEBISU GARDEN CINEMA 
 配給  カルチャヴィル合同会社 

BalletSearch

掲載には細心の注意を払っておりますが、 不備がございましたらお問い合わせ フォームよりご連絡ください。

友だち追加

最新情報をいち早く受け取りたい方はバレエサーチのフェイスブックページツイッターインスタグラムにもいいねやフォローをしてください。

【特集】国内バレエ団オーディション

年末から年明け2月頃にかけて国内の多くのバレエ団の入団オーディションが開催されます。まだ詳細が発表されていないバレエ団もありますが、ワークショップ・オーディションサーチページでは情報が入り次第随時更新しています。 まずは […]

【結果速報】第16回スリーピング・ビューティー全日本バレエコンクール

神奈川県民ホールで開催された第16回スリーピング ビューティー全日本バレエコンクール。5月に続いて今年2回目の開催となります。ミス・バレリーナ賞やダンスール・ノーブル賞など独自の賞が魅力のひとつですね。 第16回スリーピ […]

【新着WS】プロジェクト・ヴィスラフ・ワークショップ2023-3月

海外のバレエ指導者資格を持つヴィスラフ・デュデック先生によるプロジェクト・ヴィスラフ・ワークショップ、次回の開催が2023年3月21日(火・祝)に決定いたしました。 Wieslaw Dudek / ヴィスラフ・デュデック […]

【結果速報】第2回富山国際ダンスコンペティション

富山県魚津市の新川文化ホールで開催されたコンクール、第2回富山国際ダンスコンペティション。今回で2回目の開催となります。 第2回富山国際ダンスコンペティション バレエシューズA部門(6~9歳) 第1位 小川向日葵第2位  […]

【結果速報】マーティプレバレエコンクールvol.6

銀座ブロッサムホールで開催されたマーティプレバレエコンクールvol.6。マーティバレエコンクールはこのあと12/17兵庫でのvol.7、12/17〜18神奈川でのMarty Ballet Competition vol. […]

【結果速報】第36回ヨコハマ・コンペティション

神奈川県立音楽堂で開催された第36回ヨコハマ・コンペティション。4日間にわたり多くの出場者が集まりましたね。 第36回ヨコハマ・コンペティション クラシックシニア部門 第1位 荻上舞 ジゼルact1 ジゼルのVa第2位  […]

【シネマ】パリ・オペラ座バレエ シネマ フェスティバル

YEBISU GARDEN CINEMAでは、これまで世界最高峰のパリ・オペラ座によるバレエ公演を収録した映像作品パリ・オペラ座バレエ シネマ シリーズを上映してきました。施設の工事に伴い閉館していましたが、約1年半ぶり […]

【まもなくエントリー開始】Japan Ballet Competition Grand Championships2022

Japan Ballet Competitionでの過去1年の上位入賞者等のみが参加できるJapan Ballet Competition Grand Championships2022、そのエントリーが11月15日から […]

【結果速報】Gunmaバレエコンクール

館林市文化会館 カルピスホールで開催されたGunmaバレエコンクール、今回が初めての開催となります。 Gunmaバレエコンクール 【クラシック部門】 プレコンA 審査員賞 ⼤塚友俐⼦最優秀賞 布野杏奈 プレコンB 審査員 […]

【結果速報】第164回NAMUE長野

長野市芸術館で開催された第164回NAMUE長野の結果が入ってきましたね。 第164回NAMUE長野 低学年部門 第1位 片山大岳第1位 杉浦珠夏第2位 根村夏樺第3位 堀川弥花 高学年A部門 第1位 宮崎飛鳥第2位 中 […]


関連記事


ページアクセスランキング

  1. No.1最新コンクールサーチ

    最新コンクールサーチ

  2. No.2ワークショップ・オーディションサーチ

    ワークショップ・オーディションサーチ

  3. No.3バレエサーチ最新情報

    バレエサーチ最新情報


おすすめ記事


ピックアップ記事

  1. 2022.10.26 | バレエサーチ最新情報

    【出場者決定】第51回ローザンヌ国際バレエコンクール2023 vol,2
    第51回ローザンヌ国際バレエコンクール2…
  2. 2022.10.23 | バレエサーチ最新情報

    【結果速報】ユースグランプリYGP2023日本予選vol,2
    [su_youtube url="htt…
  3. 2022.02.06 | バレエサーチ最新情報

    【結果速報】第50回ローザンヌ国際バレエコンクール2022 vol,7
    1月31日から開催されていた第50回ローザンヌ国際バレエコン…